環境・社会リスクへの対応

東京海上グループは、「安心と安全をお届けすることにより、お客様や地域社会の“いざ”をお守りすること」を事業の目的としており、事業を通じて社会のお役に立ち続けることで、100年後もお客様や社会から必要とされるGood Companyをめざしています。
これまで私たちは、長年にわたり保険事業で培った知識と経験を活かして、安心と安全の提供を通じて社会の発展に貢献できるように努めてきました。これからも社会課題の解決に取り組み、安心・安全でサステナブルな未来づくりに貢献することで、グループの企業価値を永続的に高めながら、当社を取り巻く全てのステークホルダー、更には幅広く社会全体のお役に立つ価値を創りだしていきます。
東京海上グループは、事業活動の結果として生じる環境・社会に対する負の影響の低減を、対応すべき経営上の重要課題と位置付けており、国際的な行動原則やガイドラインも参考にしながら適切に対応します。

特定・評価する環境・社会リスク

東京海上グループは、環境基本方針・人権基本方針に基づき、環境・社会に対して負の影響を与えるリスクを適切に把握・管理します。その運用に当たり、環境・社会に対するリスクの性質、重大性、ステークホルダーからの要請等を踏まえ、環境・社会リスクを特定し、当該リスクが発生する可能性の高いセクターを特定します。

禁止・留意するセクター

セクター対象
取引を禁止するセクター

非人道兵器セクター

  • 生物兵器
  • 化学兵器
  • クラスター弾
  • 対人地雷
非人道兵器セクターは、人道上の懸念が大きいことを踏まえ、非人道兵器の製造に対する取引(保険引受・投融資)を実行しません。
取引に際して留意するセクター 以下に該当するセクターは、環境・社会に対する負の影響を与えるリスクが存在する可能性に留意し、取引先の環境・社会への配慮状況等を踏まえ、慎重に取引(保険引受・投融資)の可否を判断します。
オイルサンドセクター

オイルサンドは、重要なエネルギー資源である一方、オイルサンドの採掘に際して、その開発地域における先住民族の生活・文化と希少生物への影響について配慮する必要があります。

北極圏における石油・ガス採掘セクター

北極圏は、重要なエネルギー資源の開発地域となる可能性がある一方、石油・ガスの採掘に際して、先住民族の生活と文化への影響、生態系を含む自然環境保護の観点から配慮する必要があります。