サステナビリティ経営

事業を通じて社会のお役に立ち続けることで、すべての人や社会から信頼される"Good Company"の実現をめざします。

「お客様や社会の『いざ』を支えることで、あらゆる人や社会から信頼される会社」をめざす。これが当社グループの長期ビジョンである“Good Company”の基本的な考え方です。これまで東京海上グループは、長年にわたり保険事業で培った知識と経験をいかして、社会に「安心と安全」を提供し、社会の発展に貢献してきました。具体的には、社員の一人ひとりが自らの発意によって誠実で思いやりのある行動を積み重ね、その思いが組織やグループに広がることで、革新的な商品・サービスの提供は地域社会への貢献につながる連環を創出し、その連環をグループの持続的成長にもつなげてきました。加えて、こうした取り組みは未来を担う子どもたちや次世代への架け橋にもなっており、さまざまなリスクに備え、機会を活かすことができる、安心・安全でサステナブルな未来のための価値も創出しています。
これからも社会課題の解決に取り組み、グループの企業価値を永続的に高めながら、安心・安全でサステナブルな未来づくりに貢献することで、すべての人や社会から信頼される“Good Company”をめざしてまいります。

To Be a Good Company [社会課題の解決] [永続的な企業価値の向上] → 安心・安全でサステナブルな未来 To Be a Good Company [社員一人ひとり]発意による誠実で思いやりのある行動 → [組織・グループ]社員の思いが広がり組織・グループ全体が変わる → [お客様]革新的な商品・サービスの提供でお客様から選ばれ、信頼される → [地域社会]安心・安全をお届けし、地球を守り、人を支えることで地域社会から感謝され、信頼される → [未来]安心・安全でサステナブルな未来のために価値を創造する [社会課題の解決][企業価値の向上]

国際行動規範・人権等を尊重します

東京海上グループは、世界人権宣言、OECD多国籍企業行動指針、ILO国際労働基準、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」、ISO26000を支持・尊重しています。国連グローバル・コンパクトが提唱する人権・労働・環境・腐敗防止に関する行動10原則の考えや内容は、東京海上グループの取組姿勢と共通するものであることから、東京海上ホールディングスは2005年から国連グローバル・コンパクトに参加しています。

主要テーマに沿った社会課題解決の取り組み

東京海上グループは、中期経営計画「To Be a Good Company 2020」(2018~2020年度)において、「安心・安全をお届けする」「地球を守る」「人を支える」を主要テーマに掲げ、全社員参加型で主要テーマに沿った社会課題解決の取り組みを推進しています。
その取り組みを、商品・サービスの提供から企業市民活動に至るまで、事業活動全般を通じて幅広く実践してまいります。そして、主要な取り組みを、本サステナビリティレポート等を通じて社会に発信するとともに、わかりやすい社内浸透策を推進していきます。

主要テーマ1 安心・安全をお届けする

世界には、大規模自然災害の多発や人口動態の変化、所得格差、貧困等の社会課題があり、日本においても、災害に強いまちづくり(防災・減災)、少子高齢化、技術革新等の課題が表面化しています。これらの課題は、保険事業を取り巻くリスクに大きな影響をおよぼす可能性があります。
東京海上グループでは、こうしたリスクからお客様や社会をお守りするために、CSR主要テーマとして「安心・安全をお届けする」を設定し、事業活動全般を通じて安心・安全でサステナブルな未来の創造に取り組んでいます。

創出価値
保険事業を通じた世界のお客様や地域・社会への安心・安全の提供

主要テーマ2 地球を守る

地球規模の課題である気候変動・自然災害や生物多様性、湿地の喪失は、現在のみならず未来の子どもたちにとっても大きなリスクとなり、同時に東京海上グループのビジネスにも大きな影響を及ぼします。
東京海上グループでは、CSR主要テーマとして「地球を守る」を設定し、気候変動の適応・緩和や生物多様性の保全につながる商品・サービスの提供や、事業活動における環境負荷削減とカーボン・ニュートラル、国内外の環境保護活動や環境啓発・教育を推進することで、地球環境保護や環境価値の創出に貢献していきます。

創出価値
サステナブルな地球環境への貢献

主要テーマ3 人を支える

日本では、加速する少子高齢化により高齢者の介護・健康ニーズへの対応の重要性が増しています。また、経済・社会の高度化やグローバル化の進展とともに、恵まれない境遇にある人や障がいのある人が地域で安心して暮らせる社会づくりの推進、性別・年齢・国籍等の多様性の受容・促進・活用が求められています。さらに世界では所得格差の拡大や若年層の失業率上昇、貧困、性別による教育機会の不平等という現実があります。
東京海上グループでは、これらの課題解決に挑戦するため、CSR主要テーマとして「人を支える」を設定し、青少年育成や高齢者・障がい者・アスリートの支援等の地域・社会貢献活動やダイバーシティ&インクルージョンを推進することを通じて、誰もが安心して暮らせる共生社会の実現に貢献していきます。

創出価値
地域・社会を支え、インクルーシブな社会をつくる。

ガバナンス~健全で透明性の高い、レジリエントなマネジメント体制~

東京海上グループが、すべての人や社会から信頼され、サステナブルに成長し続けていくためには、「事業戦略」「ガバナンス」「社会的責任」における取り組みの質を高め、グローバル保険グループとして健全で透明性の高い、レジリエントなマネジメント体制を構築していく必要があります。
そこで、東京海上グループでは、そのようなマネジメント体制の基盤となる取り組みとして、コンプライアンス・腐敗防止、情報セキュリティプライバシー、人権の尊重、バリューチェーンでのCSR、サステナブル投資等に取り組んでいます。
東京海上グループは、こうした取り組みを通じて、持続的な株主価値の向上をはじめとするさまざまなステークホルダーからの期待に応えてまいります。

創出価値
持続的な株主価値の向上等