MENU

代理店向け教育・研修体制

お客様からのご期待と信頼にお応えし、安心して保険のご相談をお寄せいただけるよう、資格制度や研修を通じて、プロフェッショナルな人材の育成を支援しています。

独自の学習プログラム

東京海上日動は、きめ細かい良質のサービスをお客様に提供できる募集人を育成するため、商品内容・損害サービス・コンプライアンス等の業務知識に関する幅広い学習プログラムを提供しています。
その中でも、基本的な商品知識については、商品販売開始の前に募集人が必ず受講しなければならない学習メニューとして提供しています。
各募集人は各プログラムを代理店オンラインシステム等を通じて学習可能です。

損害保険募集人の資質向上を目指した取り組み

東京海上日動が運営

当社独自の学習プログラム
  • 幅広いコースを用意
    • 安心品質、コンプライアンス
    • 商品知識
    • 損害サービス
    • 代理店オンラインシステム(TNet)操作
    • 次世代モデル・タブレット操作
    • 代理店オフィス業務
  • 代理店オンラインシステムで学習可能

あんしん生命トレーニングカレッジ

あんトレ広場

東京海上日動あんしん生命は、生命保険代理店向けプロフェッショナル募集人育成のプログラム「あんしん生命トレーニングカレッジ」を提供しています。本プログラムでは、約6ヶ月間、代理店募集人と担当社員が、最先端のトレーニングプログラムを導入した集合研修およびWeb研修に一緒に参加し、並行して営業第一線における実践活動を行います。実践活動においては、参加者同士の情報交換サイト「あんトレ広場」の導入等、参加者の営業活動を支援する最新プログラムを提供し、また、研修終了後も支社でのフォローアップ研修等、継続的な募集人同士の相互研鑽の場を設けています。

代理店研修生制度

東京海上日動では、2016年4月、プロ代理店を育成する制度を50年ぶりに大幅改定しました。新制度は、代理店で新たに雇用された従業員向け初期人材育成制度です。最長2年間同社に研修出向し、期間中に募集スキルを身につけることにより、法人代理店において専門分野に特化した募集人としての役割を担えるようになることを目指します。また、新たにモーター代理店、不動産代理店、金融機関代理店を対象とすることで、代理店の成長支援策としても幅広く活用できます。2017年4月より、一定の成績を収めた場合に出向元代理店へ加算金をお支払いする仕組みや、新卒者向けにビジネスマナー教育を行う研修を追加する等、成長支援策として更にバージョンアップしました。なお、新制度には777名、専属プロ代理店を育成する旧制度には275名(2017年3月末現在)が在籍しています。

日新火災においては引き続き、専属プロ代理店を育成する制度を設けており、一定期間、契約募集およびこれに関連した業務に従事しながら保険販売に必要なさまざまな知識と実務を習得する「リスクアドバイザー社員制度」を設けています。