MENU

  1. ホーム
  2. ニュース・お知らせ
  3. お知らせ
  4. 2016年度
  5. 日本IR協議会 第21回「IR優良企業大賞」を受賞しました
2016年11月14日

東京海上ホールディングス株式会社
東京都千代田区丸の内一丁目2番1号
コード番号 8766

日本IR協議会 第21回「IR優良企業大賞」を受賞しました

東京海上ホールディングス株式会社(取締役社長 グループCEO 永野 毅、以下「当社」)は、このたび日本IR協議会より第21回「IR優良企業大賞」受賞企業に選定されました。
「IR優良企業賞」の各賞は、日本IR協議会がIRの趣旨を深く理解し、積極的に取り組み、市場関係者の高い支持を得るなどの優れた成果を挙げた企業を選び表彰しているものです。当社として、今回の受賞は2008年のIR優良企業特別賞、2010年のIR優良企業賞、2014年のIR優良企業賞に続き4回目となりますが、IR優良企業賞を3回受賞した企業に授与される「IR優良企業大賞」は初の受賞となります。
当社が選定された主な理由は、次のとおりです。

経営トップがIR活動を率先して実行し、その発信力を高めている。グローバル企業としての経営戦略が明確で、海外事業戦略や資本効率向上へのロードマップ、事業説明会の内容がわかりやすい。IR部門は、詳細な資料作成や経営層と投資家との対話設定に取り組み、投資家の声のフィードバックを経営に活かしている。個人投資家向けIRも充実させており、経営トップが登壇する説明会や全国での説明会、ウェブサイトを通じた情報発信を強化している。

今後も当社は、透明性と公平性を伴った適切な情報開示に努めるとともに、株主・投資家の皆様との建設的な対話を通じて、企業価値の更なる向上を図ってまいります。
※ 詳細は、「日本IR協議会」のホームページをご参照ください。