MENU

  1. ホーム
  2. ニュース・お知らせ
  3. お知らせ
  4. 2015年度
  5. 東京海上日動のマングローブ植林プロジェクトによる生態系サービスの経済的価値について
2016年1月27日

東京海上ホールディングス株式会社
東京都千代田区丸の内一丁目2番1号
コード番号 8766

東京海上日動のマングローブ植林プロジェクトによる生態系サービスの経済的価値について

弊社子会社である東京海上日動火災保険株式会社(以下:「東京海上日動」)は、植林NGO(※)をパートナーとしてアジア・太平洋地域において行っているマングローブ植林プロジェクトについて、株式会社三菱総合研究所(代表取締役社長 大森京太)に調査を委託し、国際的に認められた方法論に従い評価したところ、1999年4月から2014年3月末までの間に生み出された生態系サービスの価値が累計で約350億円に達しているとの試算結果を得ましたので、お知らせいたします。
東京海上グループはこれからも、政府・自治体や非政府・非営利団体等と連携し、国内外でマングローブ植林をはじめとする環境保護活動を推進し、安心・安全でサステナブルな未来の創造に貢献してまいります。

(※)マングローブ植林行動計画、公益財団法人オイスカおよび特定非営利活動法人国際マングローブ生態系協会


詳細は、東京海上日動のホームページをご覧ください。