MENU

経営戦略

東京海上グループは、「お客様の信頼をあらゆる活動の原点におく」という経営理念に基づき、世界のお客様に“あんしん”をお届けし、成長し続けるグローバル保険グループとなることを目指しています。ここでは、2018年度からスタートした中期経営計画「To Be a Good Company 2020」の概要をご紹介します。

2018年5月25日
新中期経営計画「To Be a Good Company 2020」IR説明会

2020年度ターゲットについては、2018年5月25日の新中期経営計画IR説明会資料をご覧ください。

国内生命保険事業

東京海上日動あんしん生命の中期経営計画の概要

今後想定される長期的な環境変化も視野に入れ、商品、販売、業務プロセスのそれぞれにおいて変革に取り組むとともに、リスクコントロールの高度化を進めることにより、持続的な利益成長を実現していきます。

持続的な利益成長の実現 環境変化を先取りした革新的な商品開発 ・新たなニーズに応える生存保障商品の進化 ・新たなテクノロジーを活用した新たな価値の提供 ・多様な資産形成ニーズや長生きリスクに対応した商品の開発 お客様にあんしんをお届けする力の進化 ・生損一体によるグループ顧客基盤を活用した生保見込み客マーケットの開拓 ・将来の核となる代理店への経営支援強化による販売基盤の更なる強化 成長力を創出する業務プロセス改革 ・新たなテクノロジーを活用した業務プロセスの効率性・品質の向上 ・業務プロセス改革の実施により更なる成長戦略ファンドの創出 健全な成長を支えるリスクコントロール(グループ総合力/R&D/人材育成) グループカルチャー(To Be a Good Company)の浸透

主要指標

新契約年換算保険料(億円) 2017 1,021/2018予想 1,042/2020計画 2017よりCAGR+1%以上
事業別利益(億円) 2020は2017よりもMCEV成長率CAGR +4%以上 年度末MCEV*1 12,487 12,840 14,170 事業別利益*2 990 350 830
  • *1:
    2017年度は株主配当支払後の金額、2018年度予想と2020年度計画は株主配当支払前の金額
  • *2:
    株主配当支払前の金額

今後のIRスケジュール

  • 1月9日中
    東京海上日動:12月営業速報
  • メール配信サービス

To Be a Good Company 東京海上グループ「Good Company」を目指して(新しいウィンドウで開く)

  • 2017年度日興アイ・アール IRサイト総合ランキング 最優秀サイト
  • 大和インベスター・リレーションズ 2017年インターネットIR・優良賞