MENU

経営戦略

東京海上グループは、「お客様の信頼をあらゆる活動の原点におく」という経営理念に基づき、世界のお客様に“あんしん”をお届けし、成長し続けるグローバル保険グループとなることを目指しています。ここでは、2018年度からスタートした中期経営計画「To Be a Good Company 2020」の概要をご紹介します。

2018年5月25日
新中期経営計画「To Be a Good Company 2020」IR説明会

2020年度ターゲットについては、2018年5月25日の新中期経営計画IR説明会資料をご覧ください。

中期経営計画「To Be a Good Company 2020」

将来のグループ像

社会構造の変化、自然災害の多発化・大規模化、テクノロジーの進展など、保険業界を取り巻く事業環境は急速に変化していますが、グループの強みに更に磨きをかけ、こうした環境変化を確実にチャンスに繋げていきます。
将来のグループ像として、当社独自の「グローバル経営基盤」をベースに、「最適なポートフォリオ」、「強力なグループシナジー」、「Leanな経営態勢」という競争上の優位性を構築することにより、安定した二桁ROEと高水準の株主還元を実現していきます。

これまでの歩み(~2017)収益性の大幅改善、グラフ:2011年  修正純利益307億円 修正ROE1.3% 2014年  修正純利益3,233億円 修正ROE8.9% 2017年補正ベース 修正純利益3,720億円 修正ROE9.4%/新中期経営計画(2018~2020)「To Be a Good Company 2020」・収益基盤の確立による利益成長 ・株主還元水準の引き上げ 重点課題 ・ポートフォリオの更なる分散 ・事業構造改革 ・グループ一体経営の強化 2017年補正ベースから2020年ターゲットは3~7%CAGR 修正ROE10%以上/将来のグループ像 安定した二桁ROE 高水準の株主還元 修正ROE 12%程度 修正純利益 5,000億円超 ・最適なポートフォリオ ・強力なグループシナジー ・Leanな経営態勢 ・グローバル経営基盤

中期経営計画における重点課題

中期経営計画はグループが目指す「4つの姿」を実現するための極めて重要なステップとなります。
将来に向けた構造改革を進め、持続的な成長を実現していくために、①ポートフォリオの更なる分散、②事業構造改革、③グループ一体経営の強化、の3つの重点課題に取り組んでいきます。

ポートフォリオの更なる分散:地域・事業分散 ・内部成長に加えてM&A(アジア等の新興国のほか先進国もターゲット)も活用し、成長を実現/リスクの適切なコントロール ・政策株式削減を継続するとともに、金利リスク・自然災害リスクを適切にコントロール/種目ポートフォリオ変革 ・損保事業における新種保険(スペシャルティ等)、生保事業における保障性商品の拡大 事業構造改革:革新的商品・サービス ・お客様のニーズと環境変化を先取りした革新的な商品・サービスの投入/販売チャネルの変革・強化 ・新たなテクノロジーを活用した顧客との新たな接点の創造など、営業力強化に向けた基盤の拡充/生産性の向上 ・新たなテクノロジーの活用、共通業務の集約化等による無駄のない業務プロセスの実現 グループ一体経営の強化:シナジーの更なる発揮 ・グローバルベースでのシナジーの更なる発揮、ベストプラクティスの展開によるローカル経営の一層の強化/グローバルな人材の活用・育成 ・グループ横断での育成とグローバルな人材活用の一層の推進/グループカルチャー(To Be a Good Company)の浸透 ・コアアイデンティティの浸透によるグループ一体感の向上

中期経営計画において目指すターゲット

中期経営計画においても、前中期経営計画と同様、持続的な利益成長、資本効率の向上、株主リターンの充実の3つを軸に、企業価値を向上させていきます。
3つの重点課題に取り組むことで、修正純利益は2017年度対比で年平均3~7%の成長、修正ROEは10%以上を目指していきます。株主リターンについては、利益成長に応じて配当総額を持続的に高めるとともに、将来のグループ像に向けて段階的に配当性向を引き上げていきます。


①持続的な利益成長:2020年度ターゲット*1 修正純利益:3~7% CAGR*2/2018年度予想*1 3,960億円/2017年度実績 3,720億円(補正ベース*3)
②資本効率の向上:2020年度ターゲット*1 修正ROE:10%以上/2018年度予想*1 9.6%
/2017年度実績 9.4%(補正ベース*3)
③株主リターンの充実:2020年度ターゲット*1 ・利益成長に応じて、配当総額を持続的に高める ・将来のグループ像に向けて段階的に配当性向を引き上げていく/2018年度予想*1 1株当たり配当金180円(予想)/2017年度実績 1株当たり配当金160円(予定)
  • *1:
    2018年3月末の市場環境(ドル円レート106.24、日経平均株価21,454円)をベース
  • *2:
    2017年度実績(補正ベース*3)3,720億円を基準としたCAGR
  • *3:
    修正純利益:自然災害に係る発生保険金を平年並みに補正し、為替変動による影響および米国税制改革による一時的な影響を控除
    修正純資産:市場環境(為替・株価)を2018年3月末と同水準に補正

リスクベース経営(ERM)

当社グループでは、中期経営計画を推進していくための経営基盤として、「リスクベース経営(ERM)」に取り組んでいます。
具体的には、事業構造改革やグループシナジーの取組みにより、「持続的利益成長」を実現するとともに、それによって生み出された利益・資本を、健全性を維持しつつ更なるポートフォリオの分散や株主還元の充実といった「資本の有効活用」に振り向け、それがさらに次の成長につながることを目指しています。

リスクベース経営(ERM) 持続的利益成長国内損害保険事業 ・グループ中核事業として持続的成長 ・新種保険の拡販によるポートフォリオ変革国内生命保険事業 ・グループの長期的利益に貢献する成長ドライバーとして、経済価値ベースの企業価値を拡大 ・保障性商品の拡大海外保険事業 ・グループの成長ドライバーとして高い内部成長の実現と新規事業投資の実行グループ全体 ・更なるシナジーの発揮 ・事業費の適切なコントロール 利益の創出 資本の有効活用成長に向けた投資 ・分散の効いた新規事業投資 ・将来の収益基盤構築に向けた先行投資(新商品・新技術)リスクの削減・コントロール ・政策株式の継続売却、自然災害リスクや金利リスクのコントロール株主還元 ・株主配当水準の引き上げ ・機動的な自己株式取得などによる適正資本水準への調整 戦略的資本配分 → 利益成長+株主還元の充実+健全性確保