MENU

  1. ホーム
  2. 株主・投資家情報
  3. 経営方針
  4. CFOメッセージ
  5. 前中期経営計画「To Be a Good Company 2017」の振り返り

前中期経営計画「To Be a Good Company 2017」の振り返り

前中期経営計画「To Be a Good Company 2017」では、「持続的な利益成長」、「資本効率の向上」、「株主リターンの充実」の3本柱に取り組んできました。各事業における着実な内部成長、TMHCCの買収、グループシナジーの発揮を通じて、持続的な利益成長を実現し、また、継続的な政策株式の売却など、リスクポートフォリオ改善策に取り組むとともに、機動的な自己株式取得などを通じて、資本の質を高めてきました。

その結果、自然災害や為替等の一過性の要因を除いた実力ベースでは、2017年度の修正純利益は3,970億円、修正ROE は10.0%と、計画として見込んだ水準(修正純利益 4,000億円程度、修正ROE 9% 台後半)を達成することができました。

2017年度の配当は20円増配の160円と、6期連続の増配となります。自己株式取得については、2017年度、1,500億円の実施を決定しました。前中期経営計画期間の3年間の合計額は2,000億円に上ります。

前中期経営計画の振り返り 持続的な利益成長 計画 修正純利益 4,000億円程度 修正純利益 2014年 2,981億円 2017年 3,970億円 +989億円 資本効率の向上 計画 修正ROE9%台後半 修正ROE 2014年 7.6% 2017年 10.0% +2.4pt 修正純利益:自然災害に係る発生保険金を平年並みに補正。加えて2017年は米国税制改革による一時的な影響および為替変動の影響を控除 修正純資産:2015年3月末の市場環境(ドル円レート120.17、日経平均株価19,206円)に補正。 株主リターンの充実 計画 利益成長に応じた配当の安定的成長 一株当たり配当金 2014年 95円 2017年 160円 +65円 自己株式取得* 2016年度 500億円 2017年度 1,500億円(上限) *当年度の期末決算発表日までに決定した総額

以上の通り、グループの「稼ぐ力」が高まり、持続的な企業価値の向上に繋がる3年間であったと総括しています。

また、配当を再投資した場合のキャピタルリターンであるトータル・シェアホルダー・リターン(TSR)を見ると、ホールディングス設立以降2018年3月末までの期間において3.1倍となり、TOPIXを大きくアウトパフォームして推移しています。
長期的に見ても、株主価値は着実に増加しています。

トータル・シェアホルダー・リターン推移* *Total Shareholder Return(TSR)配当再投資後のキャピタルリターン。2002年4月1日の株価を100とした指数 2002年4月から2006年4月 100前後から250前後へ推移 2006年4月から2010年4月 250前後から150前後へ推移 2010年4月から2014年4月 150前後から200前後へ推移 2014年4月から2018年3月 200前後から300前後へ推移 2018年3月31日時点 TOKIOMARINE 312 TOPIX 215 出典:Bloomberg

今後のIRスケジュール

  • 1月9日中
    東京海上日動:12月営業速報
  • メール配信サービス

To Be a Good Company 東京海上グループ「Good Company」を目指して(新しいウィンドウで開く)

  • 2017年度日興アイ・アール IRサイト総合ランキング 最優秀サイト
  • 大和インベスター・リレーションズ 2017年インターネットIR・優良賞