MENU

  1. ホーム
  2. CSR
  3. グループCSR主要テーマ

グループCSR主要テーマ

2015年9月に「持続可能な開発目標(SDGs)」が策定され、さまざまな課題解決に向けて企業への期待が高まっています。東京海上グループは、大規模自然災害の多発や人口動態の変化、技術革新がもらたす環境変化や貧困等の社会課題に対してステークホルダーと連携し、保険・リスクマネジメントの専門性・ノウハウを生かして、その解決に貢献していきます。
東京海上グループは、グローバル保険グループとしての社会的責任を果たし、社会の期待に応え、ステークホルダーの信頼を高めていくために、中期経営計画「To Be a Good Company 2017」(2015~2017年度)において、グループCSR主要テーマ「安心・安全をお届けする」「地球を守る」「人を支える」を設定しています。グループを挙げて、これら3つのCSR主要テーマに重点を置いた取り組みとその基盤となるCSRマネジメントの強化を推進していきます。
さらに、CSR取り組みにおけるステークホルダーの求心力向上を目指して、「東京海上グループのCSRアプローチ」を設定しています。これにより、社員一人ひとりが自らの発意によって誠実で思いやりのある行動を積み重ね、その思いが組織やグループに広がることで、革新的な商品・サービスの提供や地域社会への貢献につながる連環を創出します。そして、その連環をグループの持続的成長につなげていきます。こうした取り組みが子どもたちや次世代への懸け橋となり、さまざまなリスクをチャンスに変え、安心・安全でサステナブルな未来のために価値を創造します。
2015年度以降は、当グループの事業活動に3つのCSR主要テーマが含まれることを認識しながら、上記CSRアプローチに沿った全社員参加型のCSR取り組みを、商品・サービスの提供から企業市民活動に至るまで事業活動全般を通じて幅広く実践してまいります。そのために主要な取り組みを、本サステナビリティレポートやメディア等を通じて社会に発信するとともに、わかりやすい社内浸透策を推進していきます。

東京海上グループのCSR主要テーマとCSRアプローチ

東京海上グループのCSR主要テーマ

東京海上グループのCSRアプローチ

主要テーマ1安心・安全をお届けする

世界には、大規模自然災害の多発や人口動態の変化、所得格差、貧困等の社会課題があり、日本においても、災害に強いまちづくり(防災・減災)、少子高齢化、技術革新等の課題が表面化しています。これらの課題は、保険事業を取り巻くリスクに大きな影響をおよぼす可能性があります。
東京海上グループでは、こうしたリスクからお客様や社会をお守りするために、CSR主要テーマとして「安心・安全をお届けする」を設定し、事業活動全般を通じて安心・安全でサステナブルな未来の創造に取り組んでいます。

気候変動・自然災害リスク研究

東北大学との産学連携 「気候変動・自然災害リスク研究」を通じて防災・減災に関する科学的知見を高め、研究成果の活用や社会還元を推進することで、世界の防災・減災力向上に貢献しています。

商品・サービスを通じた安心・安全の提供

災害リスクをカバーする保険はもとより無保険車事故縮減に資するちょいのり保険や生存保障関連商品、技術革新に対応する商品等、さまざまな安心・安全に役立つ商品・サービスの提供に取り組んでいます。

お客様視点にたった品質向上

お客様に「”あんしん”をお届けし、選ばれ、成長し続ける会社」を目指し、お客様の声を大切にしながら、代理店とともに継続的に業務品質の向上にも取り組んでいます。

安心・安全につながる地域・社会貢献活動

震災を忘れず、次の災害に備えるためにグループ社員・代理店がボランティア講師として小学校等を訪問し、子どもたちに防災啓発を行う出前授業「ぼうさい授業」、ステークホルダーとの協働による防災・減災への提言・啓発や、継続的な東日本大震災復興支援、ピンクリボン運動等の安心・安全につながる地域・社会貢献活動に取り組むことで、地域社会の安心・安全に貢献しています。

東京海上グループは、こうした取り組みを通じて、世界のお客様や地域・社会への安心・安全の提供を充実してまいります。

創出価値 保険事業を通じた世界のお客様や地域・社会への安心・安全の提供

主要テーマ2地球を守る

地球規模の課題である気候変動・自然災害や生物多様性の喪失は、現在のみならず未来の子どもたちにとっても大きなリスクとなり、同時に東京海上グループのビジネスにも大きな影響を及ぼします。
東京海上グループでは、CSR主要テーマとして「地球を守る」を設定し、気候変動の適応・緩和や生物多様性の保全につながる商品・サービスの提供や、事業活動における環境負荷削減とカーボン・ニュートラル、国内外の環境保護活動や環境啓発・教育を推進することで、地球環境保護や環境価値の創出に貢献していきます。

環境経営の推進

東京海上日動本店でISO14001環境マネジメントシステム、その他拠点では独自の環境マネジメン トシステム「みどりのアシスト」を展開し、エネルギー利用の効率化や3R(Reduce、Reuse、Recycle)に取り組んでいます。また、マングローブ植林やグリーン電力購入によるCO2固定・削減効果を活用したカーボン・ニュートラル(ネット・ゼロ・エミッション)を実現することで、省エネルギー・省資源、低炭素・循環型社会形成に貢献しています。

商品・サービスを通じた地球環境保護

マングローブ植林や国内外での環境保護活動を行う「Green Gift」プロジェクトは、NGO・NPO等や自治体、代理店、社員ボランティア等によって支えられ、気候変動の緩和・適応や生物多様性の保全のみならず、災害被害の軽減や植林地・植林地周辺の人々の生活の安定にも貢献しています。

地球環境保護につながる地域・社会貢献活動

東京海上グループでは、グループ社員・代理店がボランティア講師として小学校や特別支援学校等の子どもたちにマングローブをテーマとした環境啓発を行う出前授業「みどりの授業」や子供たちへの環境啓発を目的とした絵・作文コンテスト「こども環境大賞」等を推進しています。

東京海上グループは、こうした取り組みを通じて、サステナブルな地球環境の創出に貢献してまいります。

創出価値 サステナブルな地球環境への貢献

主要テーマ3人を支える

dummy

日本では、加速する少子高齢化により高齢者の介護・健康ニーズへの対応の重要性が増しています。また、経済・社会の高度化やグローバル化の進展とともに、恵まれない境遇にある人や障がいのある人が地域で安心して暮らせる社会づくりの推進、性別・年齢・国籍等の多様性の受容・促進・活用が求められています。さらに世界では所得格差の拡大や若年層の失業率上昇、貧困、性別による教育機会の不平等という現実があります。
東京海上グループでは、これらの課題解決に挑戦するため、CSR主要テーマとして「人を支える」を設定し、青少年育成や高齢者・障がい者・アスリートの支援等の地域・社会貢献活動やダイバーシティ&インクルージョンを推進することを通じて、誰もが安心して暮らせる共生社会の実現に貢献していきます。

人を支える地域・社会貢献活動

人を支える取り組みとして、青少年育成については、財団を通じた交通遺児の支援、「Room to Read」途上国女子教育支援プログラムへの参加や、世界各国での奨学金支援・施設訪問を実施しています。その他、認知症サポーター養成講座やスペシャルオリンピックス日本ナショナルゲーム、全国盲ろう者大会ボランティア等の取り組みにグループ社員が積極的に参加しています。

多様な人材の育成と活用

グループ社員に対しては、性別・年齢・国籍等によらない公正公平な人事、人材育成、障害者の雇用促進を含む多様な人材の活用を行い、働き方の変革や健康経営・労働安全衛生、社員とのコミュニケーションの活発化を徹底しています。

健康・長寿社会を支える

社会環境やお客様のニーズの変化を捉えた商品・サービスの提供やがんの啓発活動、医療専門家によるアドバイス等を通じ、健康・長寿社会の実現に貢献しています。

東京海上グループは、こうした取り組みを通じて、地域・社会を支え、好循環をもたらすパートナーの創出に貢献していきます。

創出価値 地域・社会を支え、好循環をもたらす社員やパートナーの創出

ガバナンス~CSRマネジメントの強化~

東京海上グループが、3つのCSR主要テーマ「安心・安全をお届けする」「地球を守る」「人を支える」に重点を置いた取り組みを事業活動全般を通じて推進し、すべての人や社会から信頼され、サステナブルに成長し続けていくためには、「事業戦略」「ガバナンス」「社会的責任」における取り組みの質を高め、グローバル保険グループとして健全で透明性の高い、レジリエントなマネジメント体制を構築していく必要があります。
そこで、東京海上グループでは、CSR推進の基盤となる取り組みとして、「CSRマネジメントの強化」に取り組んでいます。「グローバル経済・金融環境の変化」や「国際的な監督規制の強化」に適切に対応するとともに、グローバルベースの経営管理を強化する視点から「リスクベース経営(ERM)」や「コーポレートガバナンス」「内部統制」の質的向上を図り、「経済価値の創出・配分」に取り組むことで、ステークホルダーからの信頼を高め、安心・安全でサステナブルな未来の創造に貢献していきます。
東京海上グループは、こうした取り組みを通じて、持続的な株主価値の向上はじめとするさまざまなステークホルダーからの期待に応えてまいります。

創出価値 持続的な株主価値の向上 等