MENU

  1. ホーム
  2. CSR
  3. グループCSRの考え方と推進体制

グループCSRの考え方と推進体制

グループCSRの考え方

すべての人や社会から信頼される「Good Company」を目指します
東京海上グループは、長年にわたり保険事業で培った知識と経験をいかして、社会に「安心と安全」を提供し、社会の発展に貢献してきました。これからも社会課題の解決に取り組み、グループの企業価値を永続的に高めながら、安心・安全でサステナブルな未来の創造に貢献することで、すべての人や社会から信頼される「Good Company」となることを目指します。
3つのCSR主要テーマに重点を置き、ステークホルダーと連携して取り組みます
東京海上グループでは、「安心・安全をお届けする」「地球を守る」「人を支える」の3つをCSR主要テーマとして掲げ、さまざまなステークホルダーの皆様との連携・協働によるCSRを推進していきます。
「東京海上グループCSR憲章」に基づき、経営理念を実践します
東京海上グループにとってCSRは経営理念の実践そのものです。全社員が、CSRを実践するための行動指針「東京海上グループCSR憲章」に基づき、自らの発意による誠実で思いやりのある行動を積み重ね、ステークホルダーの皆様に、よりよい価値を提供していきます。
国際行動規範・人権等を尊重します
東京海上グループは、世界人権宣言、OECD多国籍企業行動指針、ILO中核的労働基準、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」、ISO26000を支持・尊重しています。国連グローバル・コンパクトが提唱する人権・労働・環境・腐敗防止に関する行動10原則の考えや内容は、東京海上グループの取り組み姿勢やCSR憲章と共通するものであることから、東京海上ホールディングスは2005年から国連グローバル・コンパクト に参加しています。

グループCSRの考え方

東京海上グループの経営理念

東京海上グループは、お客様の信頼をあらゆる活動の原点におき、企業価値を永続的に高めていきます。

東京海上グループCSR憲章

東京海上グループは、以下の行動指針に基づいて経営理念を実践し、社会とともに持続的成長を遂げることにより、「企業の社会的責任(CSR)」を果たします。

商品・サービス

広く社会の安心と安全のニーズに応える商品・サービスを提供します。

人間尊重

  • すべての人々の人権を尊重し、人権啓発に積極的に取り組みます。
  • 安全と健康に配慮した活力ある労働環境を確保し、人材育成をはかります。
  • プライバシーを尊重し、個人情報管理を徹底します。

地球環境保護

地球環境保護がすべての企業にとって重要な責務であるとの認識に立ち、地球環境との調和、環境の改善に配慮して行動します。

地域・社会への貢献

地域・社会の一員として、 異なる国や地域の文化や習慣の多様性を尊重し、時代の要請に応える社会貢献活動を積極的に推進します。

コンプライアンス

常に高い倫理観を保ち、事業活動のあらゆる局面において、コンプライアンスを徹底します。

コミュニケーション

すべてのステークホルダーに対して、適時適切な情報開示を行うとともに対話を促進し、健全な企業運営に活かします。

グループCSR推進体制

東京海上グループでは、取締役会、CSRボード、CSRキーパーソン会議、CSRダイアローグ、CSR推進専任部署等の体制を構築し、CSRを推進しています。

取締役会

東京海上グループでは、東京海上ホールディングスの取締役会が、定期的にグループCSR戦略を決定・評価しています。

CSRボード

東京海上ホールディングスの社長、国内グループ各社の社長をメンバーとする「CSRボード」を定期的に開催し、CSR情報を共有・論議しています。

CSRダイアローグ

東京海上グループでは、外部有識者とグループ経営層とのCSRダイアローグを定期的に開催し、CSR戦略や取り組みに反映しています。

CSRキーパーソン会議

各グループ会社のCSR担当部門でCSRキーパーソンを任命。「CSRキーパーソン会議」を定期的に開催し、CSR戦略や取り組みを共有・論議しています。

CSR推進専任部署

東京海上ホールディングスにCSR推進専任部署「事業戦略部CSR室」を設置し、グループCSRを推進しています。

東京海上グループのCSR推進体制