MENU

  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 内部統制
  4. 企業方針
  5. 利益相反取引等の管理に関する方針(概要)

利益相反取引等の管理に関する方針(概要)

東京海上グループは、「東京海上グループ 利益相反取引等の管理に関する方針」を定め、役職員がこれを遵守することによって、お客様の利益が不当に害されることのないように、利益相反取引等の管理に努めています。

1. 利益相反取引等

「利益相反取引等」とは、東京海上グループが行う取引等のうち、以下のものをいいます。

  1. お客様の利益と東京海上グループの利益とが相反するおそれのある取引
  2. お客様の利益が東京海上グループの他のお客様の不利益となるおそれのある取引
  3. 東京海上グループが保有するお客様に関する情報をお客様の同意を得ないで利用する取引(本邦における個人情報保護法または東京海上グループ会社に適用されるその他の法令等の規定に基づく、あらかじめ特定された利用目的に係る取引を除きます。)
  4. 上記(1)から(3)までに掲げるもののほか、東京海上グループのお客様の保護および東京海上グループの信用維持の観点から特に管理を必要とする取引その他の行為

2. 利益相反取引等の管理の体制

持株会社である東京海上ホールディングス株式会社(以下、東京海上HDといいます。)は、東京海上グループの利益相反取引等の管理に関する事項を一元的に管理します。
また、以下に掲げる東京海上グループ会社については、利益相反取引等の管理を統轄する部署を設置するなど、法令等に従い必要な体制整備を行います。

  1. 東京海上ホールディングス株式会社
  2. 東京海上日動火災保険株式会社
  3. 日新火災海上保険株式会社
  4. イーデザイン損害保険株式会社
  5. 東京海上日動あんしん生命保険株式会社

3. 利益相反取引等の管理の方法

東京海上グループは、利益相反取引等の管理を、以下の方法により実施してまいります。

  • 東京海上グループ各社が利益相反取引のおそれがある取引等を行おうとする場合には、事前に東京海上HDに報告することとします。
  • 東京海上HDでは、報告された取引等について、お客様の利益を不当に害するまたは害する可能性があると判断した場合には、以下の方法による措置を講じます。
    1. 当該取引を行う部門と当該取引に係るお客様との他の取引を行う部門を分離する方法
    2. 当該取引または当該取引に係るお客様との他の取引の条件または方法を変更する方法
    3. 当該取引に伴い、当該取引に係るお客様の利益が不当に害されるおそれがあることについて、当該取引に係るお客様に適切に開示する方法
    4. 当該取引等に伴い、東京海上HDおよび東京海上グループ会社が保有するお客様に関する情報を利用することについて、当該お客様の同意を得る方法
    5. 当該取引等または当該取引に係るお客様との他の取引を中止する方法
    6. その他、東京海上HDが必要かつ適切と認める方法

4. 利益相反取引等の管理体制の検証

東京海上HDは、東京海上グループの利益相反取引等の管理体制の適切性および有効性について定期的に検証してまいります。

以上